『売れる方法』と『売り続けられる方法』は似て非なるもの。どちらが欲しい?

こんにちは、kocoriの坂本りゅういちです。

研修やコンサルティングなどで、企業・お店にお伺いする時、やはり一番求められるのが、『売れる方法』です。

今回は、この『売れる方法』に関して、必ず理解しておいてもらいたいことをお伝えします。

ここを間違うと、あっという間に売れなくなりますよ…。

『売れる販売員』になるための方法は

まともな販売員なら、ほとんどの人が、「売れるようになりたい!」と考えていることでしょう。

中には、別に売れなくても良いと思う人もいるかもしれませんが、売上を上げることは販売員に求められる仕事の一つですから、売上のことを全く考えないという人は、まずいないはずです。

しかし、この売るための方法を考える上で、必ず間違ってはいけないことがあります。

『売れる販売員』になりたいのか、『売り続けられる販売員』になりたいのか

ということです。

この2択は、一見すると同じように見えるかもしれませんが、全く似て非なるもの。

間違った選択をして、売ろうとしてしまうと、必ずいつか、お客様に見放されることになります。

 

あくまでも個人的な考えですが、『売れる』だけの販売員になることは、正直、そこまで難しいことではないように思います。

なぜなら、売るためのテクニックは、世の中に腐るほどあるからです。

この記事を読んでいただいているあなたなら、目にしたことはありますよね??

「売上を上げるための方法」とでもグーグル先生に聞いて検索すれば、あっという間に、大量の情報が出てきます。

そこには、

『〇〇を言えば売れる!』

『こういう商品説明をすれば売れる!』

などなど、それはもう、いろんな方法が載っているわけです。(多分、このブログの記事も出てくると思います笑)

そこには清濁入り混じっているので、煽り文句を使うような売り方や、お客様の心理を逆手にとるような売り方もあることでしょう。

そして、それらを実行すれば、確かに、売れなくはありません。

むしろ、使う人によっては、使い始めた瞬間の売上はグンと上がる可能性すらあります。

ですから、『売れる販売員』になることはできるのです。

何度も言いますが、どんな人でも、売るためのセールストークや見せ方(立ち居振る舞いも含めて)を研究・実行すれば、売れる販売員になることはできます。

本当に必要なのは、売れる能力よりも

ですが、そうした売り方を身につけて、実際に売上を上げることができたとしても、問題もあります。

そのやり方では、長くは続かないということです。

一時の売上を上げられるようになったとしても、そこで接客をしたお客様が、本当に満足して、何度も何度も店に来てくれるかというと、話は変わってきますよね。

こういう場合、テクニックばかりで売っているがために、お客様の本当の気持ちが無視されていることも多く、結局、お客様は後になって、

「なんでこんなもの買ってしまったんだろう」

「あの販売員に接客されたがために余計な買い物を…」

「買わなければよかった…」

と、余計に満足度が下がってしまうこともあります。

単に『売れる』方法で、お客様にモノが売れたとしても、瞬間風速的な売上しか取れず、まずリピートしてもらえることもなくなり、『売り続けられる』販売員ではいられなくなるのです。

だからこそ、本当に販売員として、成功を収めようと思うなら、

どちらの販売員になりたいか、どちらの販売員でいるべきか

は、常に考えておくことが大事です。

 

その一時の売上を取りたいがために、『売れる』売り方を選択してしまい、結果としてお客様に見放され、売り続けられなくなった販売員やお店は、これまでにもたくさん見てきました。

私自身も、残念なことに、過去、そんな売り方をしてしまって後悔したこともあります。

ですが、『売れる売り方』になっていて、『売り続けられる売り方』になっていないと、気づくこともできなくなってしまうと、いつか必ず痛い目を見ることになります。

お客様は減り、お店の悪評は広まり、さらに新しいお客様も来なくなる。

販売員として、お店としては、商売をしているものとしては、地獄です。

 

逆に『売り続ける』ためには、どんな売り方が求められるかを考えて続けていれば、日頃の行動や言動も変わってきます。

「またこのお客様に来てもらいたい」と思えば、その場限りで売上を上げるようなテクニック(売り方)ではなく、じっくり接客をして、納得して買ってもらえるような接客をするようにもなります。

それが続くことで、お客様は、あなたのファンになり、店へ通い続けてくれるのです。

ですから、求めるべきは、単純な『売れる能力』ではなく、お客様に、自分やお店やのファンになってもらって、何度も来店してもらう『売り続けられる能力』だということ。

 

もちろん、売るためのテクニック(ノウハウ)がダメというわけではなくて、それはそれとして身につけつつ、根本の部分では、売り続けられるような考え方を持っておきましょうねという話です。

そのための方法を、今後も販売力向上講座ではお伝えしていきたいと思っています。

 

自分は、『売れる』ようになりたいのか、それとも、『売り続けられる』ようになりたいのか。

この問いは、常に自分の中に持っておきたいですね。


販売力向上のためのヒントがココに!!

全国の販売員・小売店経営者にお読みいただいている、『販売力向上講座』が、さらに進化しました!

一歩先行く接客販売業に携わる人のための、特別版です。

単なる販売力や商品力の向上だけではなく、お客様に良いものを知ってもらうための、お店や個人の『情報発信力』向上にまで踏み込んでお伝えしています。

「良い商品があるのに…」と待っているだけでは、売上は上がりません。

ぜひ、このメールマガジンで、売上アップのヒントを得てください。