”ありがとう”は伝え方

スポンサーリンク

thankyou

感謝の気持ちは言い方一つで伝わり方が変わる

お客様に「ありがとうございます」と伝える。同僚や上司や部下に「ありがとうございます」と伝える。いろんな人に対して感謝の気持ちを持つことは大切なことです。

その感謝の気持ちが相手にきちんと伝わっていなかったら悲しいですよね。自分としては本当に感謝をしているのに、言われた方がその気持ちを感じ取れない。こういうことは知らないところでよく起きています。

原因は単純なコミュニケーションの取り方の問題です。ただ「ありがとう」と言うだけでは、本当の意味で相手に気持ちは伝わらないのです。

ではいったいどうすれば相手に気持ちが伝わるのか?

非常に簡単なことです。【具体的に感謝する】こと。これだけです。

例えばお客様がお帰りになる際にだいたいの販売員は「ありがとうございました」と言いますよね。その「ありがとうございました」が何に対してのモノなのか考えていますか?

来店してくれたことに対して?

商品を買ってくれたことに対して?

長時間接客を受けてくれたことに対して?

何に対しての「ありがとう」なのかを伝えれば相手に感謝の気持ちは伝わります。

お客様がお帰りの際にただ「ありがとうございました」と伝える販売員と、「今日は長いお時間お付き合いいただいて本当にありがとうございました」と伝える店員ならばどちらが感謝の気持ちがこもっているように感じますか?どう考えても後者ですよね。

「お忙しいのにお時間作っていただいてありがとうございました」

「楽しいお話聞かせていただいてありがとうございました」

こういう具体的な言葉で感謝を伝えることができれば、お客様は本当に感謝されているんだなと感じてくれます。試しにやってみてもらえれば、反応が全然違うことに気づくはずです。

 

お客様だけでなく普段の仕事でも

まず具体例としてお客様の話をしましたが、普段仕事をしている中で社内の人たちにも是非活用してもらいたいやり方です。なかなか部下に慕われないとか、上司や同僚とうまくいっていない気がするという方は感謝の気持ちがうまく伝わっていないのかもしれません。

例えば部下に仕事を頼んで何かやってもらったとき。

「さっとコピー取ってくれてありがとう」とか「きれいに掃除してくれてありがとう」など具体的にお礼を言うことで、『この人はちゃんと見てくれているんだ』と感じてもらえるようになります。それが何度も続くことで、段々と部下からの信頼が生まれていきます。

上司に食事を奢ってもらったら「あんなに美味しい食事に誘ってもらってありがとうございます」と言ってみる。

同僚にサポートしてもらったら「的確なサポートのおかげで助かりました、ありがとう」と伝えてみる。

こうやって具体的に感謝をしていくことで、少しずつ信頼関係は構築されていきます。これから誰かに感謝の気持ちを伝える時は是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

☆接客販売のことをもっと知りたいという方はメールマガジン『販売力向上講座』にご登録を!

http://www.mag2.com/m/0001643664.html

 

 

 


販売力向上のためのヒントがココに!!

全国の販売員・小売店経営者にお読みいただいている、『販売力向上講座』が、さらに進化しました!

一歩先行く接客販売業に携わる人のための、特別版です。

単なる販売力や商品力の向上だけではなく、お客様に良いものを知ってもらうための、お店や個人の『情報発信力』向上にまで踏み込んでお伝えしています。

「良い商品があるのに…」と待っているだけでは、売上は上がりません。

ぜひ、このメールマガジンで、売上アップのヒントを得てください。


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

接客販売トレーニング&コンサルティング事務所kocori(ここり)代表。 SC接客マイスター1級。 アパレル・時計・靴・リラクゼーション業界など、様々な販売を経験し、売上日本一など数々の実績を残す。kocori設立後は、企業研修・コンサルティング、講演などを中心に活動している。