”楽(らく)”を求める接客販売員は絶対売れない

129249

”楽(らく)”して売れる接客販売は無い

接客販売の楽しさを知っている人は、自分の力で販売ができた時の楽しさや、チームのみんなで頑張って数字を上げた時の楽しさをわかっていると思います。お客様との交流の中でいろんな出会いや話ができたりすることも魅力。そういう面でも、接客販売という仕事はものすごく楽しい仕事です。

ですが、決して”楽(らく)”ではありません。

この”楽(らく)”にもいろいろな意味がありますが、今回言っておきたいのは楽して売上を取ろうと考えている人は絶対に売れない販売員だということです。

「誰にでも売れる接客トークが知りたい」

「売り上げが上がる接客トークを教えてほしい」

こういうことを考えている販売員はけっこう多くいます。もしそんな方法があるのならば誰もが知りたいと思うでしょう。ですが、当然そんな方法など存在しません。お客様という人間を相手にしている以上、常に相手は変わるのです。一人として同じ人間がいないわけですから、お客様も一人として同じ人はいません。

それがわかっていながらそういう方法を探している人は考えを改めることをオススメします。そんな人は知らぬ間に楽をしようとしているのです。現実から逃げようとする完全に後ろ向きな思考になっています。

 

つらくてもお客様と向き合うことが大切

単純にそういう思考になってしまうのは、ある意味で接客販売のつらさをしっているからだと思います。

「お客様のクレームがつらい」

「どうやっても売れない」

そんなつらさを抱えているからこそ、楽な道を探そうとします。だからこそ伝えておきたいと思います。

そのつらさと向き合えるかどうかがあなたの将来を大きく変えます。

実はどれだけ売れる販売員でも、どれだけベテランの販売員でも必ず、100%同じ道を通ってきています。今現在つらいと思っている人からするとそうは見えないかもしれませんが、売れる販売員は誰もがその道を通って乗り越えてきているのです。

逆に年齢やキャリアを重ねても全然売れない販売員はそのつらさと向き合うことを止めて楽な道をチョイスしています。つらいこと、苦しいことがあっても誰かに任せたり楽に教えてもらえる道を選んでしまう。それを繰り返してお客様からもまともに見向きもされない販売員になってしまっています。

そうなりたいのであれば別に誰も止めませんが、この記事を読んでいるということはきっとそうではないはず。少なくとも、今の自分よりも向上したいと思っているはずです。

だったら、お客様ときちんと向き合いましょう。数字としっかり向き合いましょう。

なかなかお客様がついてくれない、売り上げが上がってこない。そういう時は、聞いても調べても考えても、他の人のやり方をパクっても何でもいいんです。楽に進める道ではなくて、ちゃんと解決できる道を探していきましょう。

そうやって考えて向き合っていた時間が売れる販売員になる自分を作ってくれます。

ただの精神論だと思うのであればそれまで。やる人ほど意識の差がどれだけ違いを作るか必ずわかるはずです。


あなたも”スター販売員”を目指しませんか?

売れる販売員=スター販売員。

スター販売員とは、お客様からも、お店や会社からも求められるような存在です。そんな販売員を目指す人のための、とっておきの情報を動画で大公開しています。

ぜひ、チェックしてみてください。