お客様を惹きつけるための方法とは?

スポンサーリンク

try

さてここで問題です。

こんにちは、坂本りゅういちです。
今回は是非、一行ずつスクロールして読んでみてください。

一つ考えてもらいたいことがあります。
お客様を惹きつけるためには何をすればいいと思いますか?

クイズだと思って考えてみてください。

 

 

思いつきましたか?

考えてますか?

そろそろ答えを言いますね。
今やってもらったこと、『体験』です。

皆さんには今、問題を考えるという体験をしてもらいました。ただ漠然とブログを読んでいるだけの時よりも少し頭を使って考えたはずです。何よりいつもより興味が湧いたはずです。自分が体験をすることで、内容に興味が湧くのです。
商品をおススメするときに、「この商品はこうなんです」といくら伝えてもお客様にはピンときません。その理由は、実際に体験してみないことには、何もわからないからです。
わからないことに対して興味を示して、ましてやお金を払うことはかなり勇気が要ります。

自分がネットで商品を買う時のことを考えてみてください。全く触ったことも、現物を見たことも無いような場合、買うのにかなり検討を重ねますよね?金額が上がれば上がるほど、慎重に買って失敗しないかどうかを考えるはずです。
だから洋服屋では試着をしますし、マッサージ店ならば無料体験などに食いつくわけです。
誰かにお菓子を買っていこうという時に、味見ができたほうが安心ですよね。

お客様に商品を体験してもらう機会を作ることは興味を持ってもらう第一歩です。そしてこれは、実店舗という場所があることでできることでもあります。ネットで購入する際に、返金保証などができることもありますがその場で体験をすることはできません。
自社の商品を体験してもらうことができるのならば今すぐにでもやるべきです。どうしてもそれは難しいという場合でも、写真や動画で商品を使った状態を見せることもできます。そうすればお客様は自然と商品に惹きつけられます。

あなたの店では、どんな体験をしてもらえばお客様は惹きつけられると思いますか?

 


販売力向上のためのヒントがココに!!

全国の販売員・小売店経営者にお読みいただいている、『販売力向上講座』が、さらに進化しました!

一歩先行く接客販売業に携わる人のための、特別版です。

単なる販売力や商品力の向上だけではなく、お客様に良いものを知ってもらうための、お店や個人の『情報発信力』向上にまで踏み込んでお伝えしています。

「良い商品があるのに…」と待っているだけでは、売上は上がりません。

ぜひ、このメールマガジンで、売上アップのヒントを得てください。


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

接客販売トレーニング&コンサルティング事務所kocori(ここり)代表。 SC接客マイスター1級。 アパレル・時計・靴・リラクゼーション業界など、様々な販売を経験し、売上日本一など数々の実績を残す。kocori設立後は、企業研修・コンサルティング、講演などを中心に活動している。