プレイバック『目指せ!販売の達人 ~販売力向上講座~』【第129回】必死な言い訳

メールマガジンバナー

プレイバック『目指せ!販売の達人 ~販売力向上講座~』

当事務所代表の坂本りゅういちが毎日発行しているメールマガジン『目指せ!販売の達人 ~販売力向上講座~』。今回は過去の配信の中から、反響の多かった内容についてご紹介していきたいと思います。


 

【第129回】必死な言い訳

お客様に商品や自社の説明をする時に、必死に言い訳からスタートする人がいます。
「こちらの商品は○○で、これこれこうだから皆さんに人気なんです。これだけのデータがあってこれだけの効果が出ています。ですから…」
「我が社は○○で発祥した○○の会社でうんたらかんたら…」
これは商品や自社の説明ではなく、知らない人に私たちは信頼できるんですよ、あやしくありませんよと必死に言い訳しているのと一緒なんですね。
『マルチ』と呼ばれる商法を知っていますか?
まぁ端的に言うとネズミ講のようなものですが、そんな仕事をしているような人の話を聞くといきなり大量の資料を出してきて「僕たちの仕事は○○でこれだけの人がやっていてこんなに医学的なデータもあって、これだけやるとこんなにお金が入ってきてうんたらかんたら…」と聞いてもいないのにどんどん言い訳をしてきます。
話を聞いている側からするとどうでもいいんですよ。
別に聞きたいのは商品を買うかどうかを判断するための情報であって、あやしくないですよという説明ではないんです。
自分が接客をしている時のことを思い浮かべてください。「そちらの商品は…」と言い出して、聞かれてもいないのに延々と説明をしていたりしませんか?
自分ではお客様に商品や自社の情報を伝えているつもりなのかもしれませんが、相手に聞こえているのは「私たちはこんなにすごいんです。だからあやしくないので買ってください。」としてしか聞こえていません。
本当に自信のある商品ならば、何でもかんでも説明しなくてもいいんです。老舗のお菓子屋さんなどが、「試食してもらえばわかります」というスタンスでも売れるのはそういうことです。


商品説明をしているつもりでむやみやたらにアピールをし過ぎてしまうと、お客様にとっては言い訳をしているように聞こえてしまいます。自信のある商品を売る時に必要なアピールの仕方はどんなものなのか、一度じっくり考えてみましょう。

●メールマガジン『目指せ!販売の達人 ~販売力向上講座~』⇒http://www.mag2.com/m/0001643664.html


販売員のための本気の書籍が発売!

「販売力向上講座」の筆者、坂本りゅういちの初の著作『買った後を想像させれば、誰でもこんなに売れる(同文舘出版)』がついに発売となりました!
洋服・時計・靴・そしてストレッチトレーナーと、様々な販売現場で実績を出してきたノウハウを書き綴っています。

販売ノウハウ本の中でも、比較的ハードな内容になっていますので、本当に売上を上げ続けたいという方のみ、ぜひご覧ください。


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

接客販売トレーニング&コンサルティング事務所kocori(ここり)代表。 SC接客マイスター1級。 アパレル・時計・靴・リラクゼーション業界など、様々な販売を経験し、売上日本一など数々の実績を残す。kocori設立後は、企業研修・コンサルティング、講演などを中心に活動している。