小さいお子様連れのお客様を接客する時に”欠かせないこと”

お子様は好きですか?

こんにちは。

接客販売の研修講師をやっている、坂本りゅういちです。

唐突な質問ですが、今この記事をお読みいただいているあなたは、お子様は好きですか??

お好きなら良かったです。

では、小さいお子様連れのお客様を接客するのは、得意ですか?

え?そうでもない?

もしそうだとすると、お子様連れのお客様を接客するときに、絶対にやっておきたいことをやっていないのかもしれませんね。

今回は、お子様連れのお客様を接客するときに、欠かせない”あること”についてお伝えしていきます。

お子様連れのお客様を接客するときは

お店にいると、少なくない確率で、お子様連れのお客様と遭遇します。

まぁお店の商品などにも左右されますが、だいたいどこのお店でも、お子様連れでご来店されるお客様は、いらっしゃるはずです。

そんなお客様を接客するとき、絶対に欠かせないこと。

それは、『お子様と仲良くなる』ということです。

私もこれまで、たくさんのお子様連れのお客様を接客してきましたが、お子様と仲良くなれたときは、やっぱりお客様の購買率も上がり、リピートも増えることがほとんどでした。

理由は、お客様の心理を考えてもらえればわかります。

小さいお子様を連れてお買い物をされるとき、お客様がもっとも気になるのは、やはり子供のことです。

ある程度成長しているお子様ならまだしも、小さいお子様(小学生低学年以下くらいですかね)をお連れの時は、お子様がグズってしまったり、好き勝手に行動してしまうということで、気が気ではないお客様は多いのです。

まぁ、自分のおもちゃを買うわけでもない買い物に、興味のない子供からすれば、お父さんお母さんが、自分を放って商品を見ているというのは、なかなか我慢ならないものでしょう。

そういう姿を、はたから見ている分には可愛いものなのですが、いざ販売員として、お客様を接客するとなると、そうも言って入られません。

せっかくお客様が気に入ってくれた商品があるというのに、お子様が泣いてしまったり、グズってしまって、買い物どころではないとなったら、チャンスをフイにしてしまうことになります。

これは何としても避けたいですよね。

これらを、お子様と仲良くなることで解消するというのが、この話の本筋です。

販売員がお子様と仲良くなれると、お客様は、子供を見てもらいながら買い物に集中することが可能になります。

また、自分の子供が機嫌よくいてくれれば、お客様も安心するものです。

そういう状況を販売員が作り出すことができれば、お客様は、お買い物を心置きなく楽しむことができます。

仲良くなるためにできること

とはいえ、お子様と仲良くなるというのは、口では簡単にいえても、実際にはそううまくいくものでもありません。

人によっては、「子供が全然懐いてくれない」と悩んでいる人もいることでしょう。

私も以前は、子供がそんなに好きな方でもなかったので(今は大好きですが)、お子様連れのお客様を接客するときは、本当に苦労しました。

お子様にすぐに泣かれてしまって、結局、接客どころではなくなることが多かったんです。

で、お子様連れのお客様を接客するのが上手な人の接客を、よくよく見て、どうすればいいかを考えたのですね。

すると、2つの”ある動作”をやっている人がいました。

仲良くなるための2つの動作とは

その”ある動作”とは、『目線を合わせること』と、『ハイタッチ』です。

このたった2つの動作だけで、一瞬で子供達と仲良くなっていたのですね。

これは本当に驚きました。

つい今しがた初対面で出会ったばかりのはずなのに、あっという間に子供が心を開いているのです。

やり方はとてもシンプルです。

まず、お子様に、「こんにちは〜」とか挨拶をしながら、自分の体を屈めます。

小さいお子様の目線と同じ高さまで、体を縮めるわけです。

そして、軽く、「お名前は?」とか言いながら、手を上げて「タッチ!」と言いながら、ハイタッチを誘います。

これだけです。

超簡単ですよね。

ですが、実際にやってみると、これが本当に効果を発揮します。

子供があまり得意ではなかった私でも、子供が照れ臭そうにハイタッチをしてくれると、一気に仲良くなれます。

すると、子供たちはその後、ちょっと声をかけると話をしてくれたり、遊んでくれたりするわけです。

これができるようになってからは、やたらと子供たちと仲良くなるのが早くなり、お客様にも驚かれることが増えて、結果、お客様が買い物をしやすい環境づくりができるようになりました。

今では、友人知人の子供達にも同じことをしていますが、やっぱり同じように、仲良くなってくれて、一緒に遊ぶ時間が増えています。

ほんのちょっとしたことなのですが、これでお子様連れのお客様が買い物しやすくなると、売上にも影響が出ますし、「あのお兄さんがいるから」ということで、お客様がリピートしてくれることも増えていきます。

ぜひぜひ、試してみてはいかがでしょうか?


販売力向上のためのヒントがココに!!

全国の販売員・小売店経営者にお読みいただいている、『販売力向上講座』が、さらに進化しました!

一歩先行く接客販売業に携わる人のための、特別版です。

単なる販売力や商品力の向上だけではなく、お客様に良いものを知ってもらうための、お店や個人の『情報発信力』向上にまで踏み込んでお伝えしています。

「良い商品があるのに…」と待っているだけでは、売上は上がりません。

ぜひ、このメールマガジンで、売上アップのヒントを得てください。


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

接客販売トレーニング&コンサルティング事務所kocori(ここり)代表。 SC接客マイスター1級。 アパレル・時計・靴・リラクゼーション業界など、様々な販売を経験し、売上日本一など数々の実績を残す。kocori設立後は、企業研修・コンサルティング、講演などを中心に活動している。