販売員もお店を運営している感覚を持とう

future

イチ販売員だから…

まず、この記事をお読みいただいているあなたに一つ質問させてください。

あなたの働いているお店を運営している人は誰でしょうか?

店長?オーナー?

いえいえ、違います。あなたのお店を運営しているのは、他でもない、あなたを含めたお店の全員なんです。

この『自分たちが運営している感覚』を持っているかどうかは、販売員、ひいてはお店の質においてものすごく大きな差を生んでしまいます。

販売員にもいろんな雇用形態があります。正社員の方もいれば、派遣社員やアルバイトという方だっているでしょう。そのそれぞれが、『私は雇われているだけだから』『経営者は私じゃないから』という意識で仕事をしていると店はまともに機能しなくなっていきます。

その理由は単純明快で、店という存在そのものはそこで働く一人ずつの従業員によって成り立っているからです。

例えば一人のお客様に接客をした販売員がいたとします。その販売員は『私は経営者でもなんでもないイチ販売員だから』と手を抜いた接客をしてしまったとしましょう。しかし、接客されたお客様にとってはその販売員こそがお店の顔なわけです。その販売員からあまり快くない接客を受けてしまったとしたら、お店そのものの印象が悪くなってしまいます。もし他の販売員がどれだけ懸命に頑張っていたとしても、一人の販売員の一回の接客こそがそのお客様にとってはすべてです。

自分が関係ないなんてありえない

だからこそ、一人ひとりの販売員がどれだけ『自分たちが運営している感覚』を持てるかどうかが、お店全体の質を左右するかを理解してほしいのです。

自分自身がどう働いていようと、店にとっては関係ないなんてことはありえないんです。

そうやって働いていると、一回ずつの接客や一つずつの仕事に対する熱が変わってきます。

ディスプレイ一つ取ってみてもそうです。これまで誰かがうまいことやってくれると放置してきたことでも、自分が運営している感覚を持つと見る目が変わってきます。

「本当にこのディスプレイでいいのだろうか?」「もっとお客様が足を止めてくれるような方法があるんじゃないだろうか?」

そんな考えが普段から頭を駆け巡って、今よりももっと良くしようとアイディアを考えたり勉強をしたりします。次第にそんな意見や考えを周りに伝えたり、店長やオーナーに伝えたりするようになるかもしれません。マネジメントをしている側としては、やる気のある従業員は大歓迎ですからどんどんコミュニケーションが取れるようになり、仕事を任せてくれるようにもなるかもしれません。

『私は関係ない』という感覚ではなくて、『私もお店を運営している一人なんだ』と思って仕事をしていると確実に世界が変わってきます。見えるものすべてが、これまでの見方と変わってきて今のままで満足することなど無くなるんです。

実際にそこで考えて行動をしていった人が周りからも一目置かれるようになり、上のステージへと行くことができます。

あなたがお店を運営しているという感覚を持てていますか?

その感覚だけで必ず周りとは一味違う販売員になれること間違いなしです。


販売員のための本気の書籍が発売!

「販売力向上講座」の筆者、坂本りゅういちの初の著作『買った後を想像させれば、誰でもこんなに売れる(同文舘出版)』がついに発売となりました!
洋服・時計・靴・そしてストレッチトレーナーと、様々な販売現場で実績を出してきたノウハウを書き綴っています。

販売ノウハウ本の中でも、比較的ハードな内容になっていますので、本当に売上を上げ続けたいという方のみ、ぜひご覧ください。


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

接客販売トレーニング&コンサルティング事務所kocori(ここり)代表。 SC接客マイスター1級。 アパレル・時計・靴・リラクゼーション業界など、様々な販売を経験し、売上日本一など数々の実績を残す。kocori設立後は、企業研修・コンサルティング、講演などを中心に活動している。