向上するかどうかは、”やる”か”やらない”かの違いだけ

スポンサーリンク

yesorno

原点に立ち返ればいい

こんにちは。坂本りゅういちです。

実は今回のブログが記念すべき100記事目です!(パチパチパチ)

なんとなく節目ともなる気がしていたのでどんなことを書こうかと悩んでいましたが、こういう時こそやっぱり原点に立ち返るべきなんじゃないかと思いました。なのでこんなタイトルです。

私はこのブログと毎日配信のメールマガジンで情報発信をしています。で、そこからご連絡をいただいた方やセミナーなどでお会いした方々からのご依頼を受けて接客販売のコンサルティング・アドバイスをさせてもらっています。

そんな中で、スキルアップのトレーニングや接客・販売のノウハウなどをお伝えしていたりもするわけです。人によって、会社によって、やらなきゃいけないことや考えなきゃいけないことは変わってきます。そのそれぞれにできるだけマッチするように私もご協力させてもらっています。

そうやって販売力向上、接客力向上に向けて努力しながら売上げを上げてもらいます。

そのノウハウがどうとかいう話もあるんですが、もう全ての人に今回改めて言いたいことがあります。

向上するかどうかは、”やる”か”やらない”かの二択でどっちを選ぶかだけ。

もうこれだけの違いと言っても過言では無いと思います。

常に選択は二択なんです

 

「仕事で成果を上げたい」

「売上をあげたい」

「顧客をもっと増やしたい」

ほとんど誰もがこんな望みを持っています。気持ちはよくわかります。でも、実際に成果を上げる人と上げられない人がいるのも事実です。

じゃあなぜその違いが出るのか?

それはどんなときにも、”やる”か”やらない”かでどちらを選んだかだけの話だったりします。

ただの二択問題なんです。

たとえば、『商品知識をつけたい』と思ったとしましょう。そのためには、本を読んだり、商品を触って研究したり、WEBで調べたりと様々な方法があります。でもどんなことでも、思い立ったそのときに”やる”か”やらない”かの二択でどちらを選ぶかだけで変わります。

商品知識をつけたいと思うだけなら誰でもできるんです。思うだけですから。

成果を上げられるかどうかは、そこで実際に行動をできるかどうか、その選択ができるかどうかの違いなんですね。

”やらない”選択をするのは簡単です。他に言い訳を作ればいいんですから。「今日はちょっと予定があるから」「今日はちょっと忙しいから」「今日はちょっと疲れて眠いから」。どんな言い訳でもできます。

でもこれでは成果は上がりません。今の現状と何も変わることがないんですもの。

今よりも成長したい、向上したいと思うなら、必ず今とは違う行動をするしかありません。そのために必要なことが何なのかは、みんな本当はわかっています。ただ”やらない”だけなんです。

こんなに簡単で明快なことなのに、”やる”選択ができる人は少ない。「ダイエットは明日から」と言っているのと同じですよね。これを言っている人がダイエットに成功しているのを私は見たことがありません。

やったらやった分、人は必ず成長します。間違いなく断言できます。

なのに、やらない選択をするなんてもったいないと思いませんか?ほんのちょっとでもいいから実際に動いてみましょうよ。それだけでも必ず結果は変わってきますから。

何をするかで悩むのはOKです。ただ、やるかどうかで悩むのはもうやめましょう

とりあえずでもいいから、とにかくやってみる。原点に立ち返ってそれだけを考えてみてください。きっとこれから先の未来が変わってきます。


販売力向上のためのヒントがココに!!

全国の販売員・小売店経営者にお読みいただいている、『販売力向上講座』が、さらに進化しました!

一歩先行く接客販売業に携わる人のための、特別版です。

単なる販売力や商品力の向上だけではなく、お客様に良いものを知ってもらうための、お店や個人の『情報発信力』向上にまで踏み込んでお伝えしています。

「良い商品があるのに…」と待っているだけでは、売上は上がりません。

ぜひ、このメールマガジンで、売上アップのヒントを得てください。


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

接客販売トレーニング&コンサルティング事務所kocori(ここり)代表。 SC接客マイスター1級。 アパレル・時計・靴・リラクゼーション業界など、様々な販売を経験し、売上日本一など数々の実績を残す。kocori設立後は、企業研修・コンサルティング、講演などを中心に活動している。