第24回SC接客ロールプレイングコンテスト全国大会へ行ってきました!

スポンサーリンク

第24回SC接客ロールプレイングコンテスト全国大会

あっという間に1年が経ちましたが、今年も、2019年1月25日(金)に、SC接客ロールプレイング全国大会へ行ってきました。

会場はいつものパシフィコ横浜です。

おかげさまで、今年も審査中に行われたトークセッションにコーディネーターとして出演もさせていただきました。

今年は、第23回大会大賞受賞者の、SHIPS有楽町店・椛澤翔(かばさわしょう)さんとのトークセッションでした。

裏話をすると、実は、諸々の変更などもありまして、結構大変な時間もあったのですが、何とか無事に終えることができ、ご覧いただいた方々からも好評を得ることができました。

当日会場でご覧いただいた皆様、ありがとうございました。

*トークセッションの模様は、多分、全国大会のDVDに収録されるかと思いますので、是非ご覧下さいませ。

今年は何かが違った?

個人的に、今回のロープレ大会で感じたことがあります。

例年と比べて、何かが変わってきているような気がしたのです。

というのも、いくつか理由があります。

まず、一つ。

観覧者の数がとても多かったということ。

例年も、もちろん少なくはありません。全国から勝ち抜いた参加者の方を応援するために、各地から多くの方々が駆けつける大会です。

しかし、今年は、いつも以上に、観覧者の方が多かったように感じます。

トークセッションでも、過去2回では、割と会場を出られる方もいらっしゃいましたが、今年は、かなりの数の方が残られ、大賞受賞者の話を聞こうと真剣な表情で見つめておられました。

また、応援の熱量もいつもより高かったように感じます。

前述したように、観覧者数が増えていることもあってか、応援団の数も増えているところが多かったです。会場全体の熱量もその分、高く感じました。

 

残念ながら、今回は、トークセッションの打ち合わせのため、コンテスト自体は全然見れていないので、内容については語れませんが…

個人的にもちょっと嬉しかったことがあります。

大賞受賞者の方が、私の知る限りでは最年長の販売員さんだったことです。

コンテストとなると、割と年代の若い方の出場が多くて、40代50代の方の出場自体がとても少なくなります。

ただ、やっぱりそういう世代の方で販売を続けられている方は、素晴らしい接客と味を持っていらっしゃるように思います。

そんな接客力をこんなコンテストの場で観れるということは、若い販売員の方々にとっても、とても参考になるのではないでしょうか。

良い接客が何なのかは、販売員にとっての永遠の課題で、答えが出ることでもありませんが、今回のコンテストで、また違った可能性が見えてくるようにも感じています。

来年も、どんな接客が見れるのか今から楽しみですね。


販売力向上のためのヒントがココに!!

全国の販売員・小売店経営者にお読みいただいている、『販売力向上講座』が、さらに進化しました!

一歩先行く接客販売業に携わる人のための、特別版です。

単なる販売力や商品力の向上だけではなく、お客様に良いものを知ってもらうための、お店や個人の『情報発信力』向上にまで踏み込んでお伝えしています。

「良い商品があるのに…」と待っているだけでは、売上は上がりません。

ぜひ、このメールマガジンで、売上アップのヒントを得てください。


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

接客販売トレーニング&コンサルティング事務所kocori(ここり)代表。 SC接客マイスター1級。 アパレル・時計・靴・リラクゼーション業界など、様々な販売を経験し、売上日本一など数々の実績を残す。kocori設立後は、企業研修・コンサルティング、講演などを中心に活動している。