【接客ロープレで悩む人へ】ロールプレイングを頑張ると…

129465

接客ロールプレイングで悩む人は多い

当ブログ『販売力向上講座』で以前に接客ロールプレイングについて記事を書きましたが、想像していた以上に反響が大きく驚いています。

※前記事⇒接客ロールプレイング”をやる意味は本当にあるのか!?実はロープレにはやり方があった!

どうやら接客ロールプレイングで悩んでいる方が相当多いらしく、皆さん、コツを知りたいとか単純にどうすればいいのかと言った疑問をお持ちのようです。
気持ちはわかります。私も初めて接客ロールプレイングをやったときはそれはもう緊張しましたし、接客そのものを人に見られる上に評価までつけられてしまうという状況にやりにくさを感じたものです。正直、「何でこんなことしなきゃいけないんだ。こんなことで接客力がわかるわけないだろう」とまで思っていました。
まぁそのあたりについては前に書いた記事をご覧いただきたいのですが、今回は接客ロールプレイングを頑張ることで得られるメリットについて少しお話ししておこうと思います。

自分に対するメリットがかなり大きい

接客ロールプレイングをやることでお客様に対しての接客力・販売力が上がることについては以前書きました。ですが、実はメリットはそれだけではありません。接客ロールプレイングは自分自身に対するメリットがかなり大きいのです。そのメリットは以下の3つ。

1.販売員に対する評価が変わる

2.説得力が変わる

3.度胸が付く

1の販売員(自分)に対する評価が変わる。これはコンテストへの出場が条件になりますが、実は私がもろに経験していることです。私は接客ロールプレイングで人生が変わったと言っても過言ではないかもしれない一人です。
初めてロープレコンテストに出場したのは23歳の頃だったと思います。

当時、地方の一販売員で売上を上げていましたがそれが知れているのはあくまでもその店舗と会社の数人くらいでした。販売員同士の情報が全国に行きわたるのは相当に難しく、地方のショップで売っている販売員がいてもなかなか他のところにまでは情報はいかないのです。

たまたまわけあってロープレコンテストに出場した私は、たまたまモールの大会で上位入賞を果たし、九州大会でも上位入賞をして、全国大会で優秀賞をもらうことができました。そこまで行くと、会社や周りの人間の目が全く変わるのです。その時の周りの目はいつしか「すごい奴がいる」という目になっていました。一販売員が全国の販売員から注目されるようになったのです。
この経験のおかげで「うちで働いてほしい」という声をかけてもらったりもしました。もちろん給料も変わりました。色んな縁が増えたのです。

そして2、説得力が変わるというポイントでその効果が目に見えて現れます。

周りの人たちが自分の話にこぞって耳を傾けてくれるようになるんです。他の販売員が自分の接客で勉強したいと言ってくる。これはなかなか普通の販売員では経験できることではありません。当然自分のレベルが下がってはいけませんから、必然的にもっと勉強したり意識を高めるようにするので自分のレベルも上がります。これも非常に良い効果です。

3の度胸が付く。これは一度でも接客ロールプレイングをやった人ならわかるでしょう。人前で接客をするというのは、相当に勇気が要ります。決して簡単なことではないのです。

何度もそういうことを繰り返していると次第にどんな場面でも対応できるようになっていきます。メンタルが鍛えられるのでしょうね。今私はどんなお客様が目の前に来られても何のことはなく対応できます。そう言い切れるくらい度胸がつきました。実際全国大会ともなると1000人近い人の目の前で接客をするので、緊張も何もあったものじゃないんです。あれに比べれば大抵のことは何ともありません。
総合すると、接客ロールプレイングを頑張ることで販売員としての自分の全てが変わる可能性が大いにあるということ。

場合によってはより上のポジションに就くこともできるかもしれませんし、もっと仕事がやりやすい環境になるかもしれません。世間的な販売員の評価に虐げられることもないんです。
道を切り開くのは自分自身。あなたがもし今の状況に不満を抱えているとしたら、接客ロールプレイングはその不満をなくすための一つの方法になりうるかもしれません。もちろんそこまでいくには相当の練習や勉強は必要ですけれども。(私も相応にしんどい思いをしましたから)
ただ、嫌なことと思うのか頑張ってチャンスに変えようと思うのかはあなた次第です。まぁせっかくやるなら行くところまで行ってほしいなと思います。
2016年2月6日追記

【緊急企画】接客ロールプレイングに関するアンケートのお願い

☆接客販売についてもっと知りたいという方はメールマガジン『販売力向上講座』にご登録を!あなたの接客販売をより良くする方法が見つかるかもしれません。

http://www.mag2.com/m/0001643664.html