販売員が気をつけることは見た目だけじゃない

言いづらいけど気にしている

以前に『見た目と売上』というタイトルで身だしなみに気を付けましょうという内容をお伝えしました。今回はそ内容につづいていきます。ビジネス書などでは書きにくい(というか言いにくい)内容です。実際私が読んできた本などでも見たことがありません。

でも、書きます。みんなが感じることなので書きます。

人の印象を左右するのは見た目だけではありません。人は五感を使って相手の印象をインプットします。その中でも見た目以外に重要なこと。そう、『におい』です。

『におい』と脳の関係はかなり密接で、昔の恋人がつけていた香水のにおいでその人を思い出したりするともよく言われます。この『におい』が接客において、とんでもないマイナス要素になる時があります。

接客をしている時に相手は感じている

想像してみてください…自分に話しかけてきた人から昨日食べたであろうニンニクの『におい』がする。暑い中外回りしていたせいかすごい汗の『におい』がする。ちょっとむせるくらい香水のキツイ『におい』がする。

食事中の方には申し訳ないくらいの状況です。

そんな奴いるわけないだろう、と思う方もいるかもしれませんがこれがいるんです。経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、これは悲しいことに当の本人はそのことに気づいていないことがほとんどです。それくらい、自分の『におい』ってわからないものなんです。体臭なんかは自分の身体から出るものですから、鼻も慣れてしまっています。

じゃあどうすればいいのか?答えは一つ。

とにかく気をつけるしかありません。

可能性のあるものを全て潰すのです。

常にミントタブレットを持ち歩いておく。汗をかくならデオドラントシートを常備する。たばこを吸うなら、消臭スプレーを使う、などなど。

そしてもし、身近にそんなスタッフがいるならさりげなくでもいいので教えてあげてください。言いにくいなら、「僕今日汗くさくない?」とか「私の香水きつかったら言ってね」などお互い言いやすい雰囲気を作るのも手です。

どれだけ良い接客ができる人でも、『におい』のせいでお客様がつかなかったら。そのことに本人が気づいていないのなら。そんなに辛い話はないですよね。全てにおいて迷惑をこうむるのはお客様なのですから。注意すれば何とかなることは何とかしてしまいましょう。