接客販売員をやっていて英語と中国語に困る人はとりあえずこれだけ知っておくといい

expat

海外からのお客様は増え続ける

今現在私は都内の超大手百貨店に出向中です。最近の傾向として、やはりインバウンドマーケティングの効果かとにかく外国人観光客が増えています。皆さんのお店ももしかすると外国人観光客が多くなっているのではないでしょうか。

しかしながら困るのは、日本語が通じる人がほとんどいないこと

英語と中国語圏の人が圧倒的に多いため、その二か国語を理解できていれば問題ないのですが、私自身は全くと言っていいほど語学力がありません。そういう接客販売員の方は多いと思います。

ですが、実は相手(外国人観光客)も日本人が外国語に弱いことは理解していて、ほんの少しの言葉を知っていれば結構どうとでもなります。

結局大事なのはいつも通りの『おもてなし精神』です。それさえあれば言葉の壁は簡単に越えれます。

大事なのはビビらないこと

一番いけないのは、外国人ということでビビってしまって何もできなくなること。これが相手に対して不愉快な思いをさせやすい最大のポイントです。もう外国人がやってくるのは当たり前と思って、腹をくくって準備をしておきましょう。

と言うわけで、本当にとりあえずとして覚えておけば何とかなるレベルの言葉をお伝えしておきます。後はいつものおもてなし精神と最高のスマイルをフルに活用してください。正確な意味は違うものもありますが、基本これで充分通じます。

英語編

・いらっしゃいませ

Hello! (How are you?) (ハロー!ハウアーユー?)

・何かお探しですか?くらいの意味

May I help you? (メイ アイ ヘルプ ユー?)

・ご試着されますか?

Would you like to try this on? (ウッジュー ライク トゥ トライ ディス オン?)

・いかがですか?

How do (did) you like it? (ハウ ドゥ ユー ライキット?)

・確認してきます。

Let me check. (レッ ミー チェック)

・かしこまりました。

OK, All right, Certainly (オーケー、 オーライト、 サートゥンリー)など

・以上でよろしいでしょうか?

Is that all? (イズ ザット オール?)

・どうぞお掛けください

Please have a seat. (プリーズ ハバ シート)  (sit down,pleaseの表現は命令に聞こえるので止めといた方がいいです)

・少々お待ちください

Just a moment please. (ジャスタ モメント プリーズ)

・お待たせいたしました

Thank you for waiting. (サンキュー フォー ウェイティング)

・ありがとうございました

Thank you, (have a good trip) (サンキュー、 ハバ グットリップ)

・言葉が聞き取りにくい時

I’m sorry? (アム ソーリー?)

完全に正確な英語ではありませんが、日本最古の百貨店で全く問題なく通用していますからざっとこのくらいわかっていれば、とりあえず大丈夫です。あとは基本のYesとNoが使えれば何とかなります。

大事なのは、あまりに怪訝な顔でNoとか否定してしまわないこと。それは普通に考えて、日本人のお客様も不愉快ですよね。できないこと、わからないことは「申し訳ありません」の気持ちで伝えれば相手も納得してくれます。

中国語は正直絶望的

はっきり言って中国語はかなりきついです。少しでも勉強したことのある人ならまだしも、通常日本の義務教育では中国語の勉強をほとんどやりません。それに加えて、中国語には北京語や広東語など様々な言語ごとに微妙な違いがあります。そのため、根本的に理解が難しいのです。

中国語に関しては本当に必要最低限の挨拶くらいを覚えておいてあとは紙やボードなどに用語一覧などを書いて準備しておくほうが無難。それを見ながら接客した方が間違いも減りますし、お客様も楽です。そもそも相手も言葉が伝わるとは思っていませんから。

中国語編

・いらっしゃいませ

欢迎光临 (ホァンイン クゥワンリン)

・こんにちは

你好 (ニィ ハォ)

・少々お待ちください

请等一下 (チン タン イィシャァ)

・ありがとうございました

谢谢光临 (シェシェ クァンリン)

・さようなら

再见 (ツァイ チェン)

ひとまずこれくらい理解しておけばOK。身近に中国語が得意な人がいれば、接客用語一覧を作ってもらったりしておくといざという時に助かります。

最後に一つ、重要なポイントだけお伝えしておきますね。

外国人観光客は言葉が伝わらないことにかなり不安を覚えています。そして、日本ではまず無いのですが外国では客側が気をつけておかないと痛い目を見る点があります。

『お会計』です。

外国ではクレジットカードのスキミング(番号読み取り)などの犯罪が行われることがあるため、それを知っている外国人観光客は敏感です。なので、お会計時にその場所を離れるときは必ず「お会計をしてくる」ということは伝えましょう。

これは普通に接客の途中でも目の前を離れるときは「お待ちください」的なことは言った方が良いです。言葉が伝わらない状態では目の前から販売員がいなくなることはかなり不安なことです。しっかりとお客様の不安を軽減できれば、いつも通りのおもてなしとスマイルで気持ちよく買い物をしてもらえます。

外国人だからとおそれずに日本に来てよかったと思ってもらえるような接客をしていきましょう!

追記:外国人客を無視してしまう日本の販売員という記事を追加しました。こちらも合わせてご覧ください。

☆接客販売のことをもっと知りたいという方はメールマガジン『販売力向上講座』にご登録を!

http://www.mag2.com/m/0001643664.html